Loading...

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。
…って、もう7日だよwww

年末にいろいろ思うところがありまして急遽ネット環境を整える運びとなりました。
とは言っても自宅に電話回線を引いた訳ではありません。

シャキーーーーン!!



















EMobileのPocket WiFiでございます。
何だこれは…と、お思いのあなた、乗り遅れてますよwww
モバイル通信端末なんだけどWi-Fiで同時に5台まで繋げられる優れ者!!
ま、PC1台しかない自分には勿体無いとは思うけど、そのうち何か増えるでしょ?…多分。
自宅で携帯を必死にピコピコやってたのがもう嘘の様に快適です。ただ、近所の中継ポイントの回線速度が遅いのが残念。


さておき、とりあえずここの更新も滞らせないようにと今年の無謀な目標を立ててみた今日この頃でありました。

おっさん化

久々...というか放置してましたorz

いろいろあったというか何も無かったというか、とにかく倦怠感いっぱいで何をするのも面倒で...

最近、寒くなったせいか多少やる気が出て来たり来なかったり、そんな毎日です。
まぁ、老化現象なのかな...と思う事にしときますかwww

続おのぼりさん

サンシャインの駐車場は広すぎた。広いが故に空きスペースを見つけるのは至難の業だった。
迷子にならないようにパンくずを(ry
なんとか外界へ脱出、ちょっと噂になった福祉大学を横目に5分程歩く。その先に見えた行列はさっきより伸びていた。
昼食のつもりがおやつになりそうな勢いだ。今からでも...という邪心は捨てて最後尾に並んでみる。外は都会のビル風で意外に寒い...待つこと1時間。やっと先頭が見えた頃、何やら店員さんが注文を取ってる様子。「メニューは?」と辺りを見回すと、店舗の外に券売機発見!システム的には先に食券を買ってから列に並ぶらしい。あまりの行列に券売機すら見えなかったのだ。順番をキープしながら券売機へ...しかしメニューがチンプンカンプン。
特製もりそば、もりチャーシュー、あつもり...???
全く予備知識も入れずに突然大勝軒にやって来たので思考回路はオーバーヒート。気が付いたら『あつもりチャーシュー』のボタンを押してた。入り口脇には山岸氏。寒いのに頭が下がります...なんて思ってたら椅子のお尻の辺りからコンセントが延びてる。寒さ対策は万全の御様子だった。


そしていよいよ店内へ...しかし本日はこれまで!!(まだ食わんのかい!)。
携帯でブログは疲れます...また次回。

2008のおのぼりさん

前日の酒が残る中、お迎えは時間どうりにやって来た。
頭がガンガン、胃はムカムカ。どうにもドライブな状況ではない。
取りあえず運転は任せて助手席へ...
途中から運転を交代、お昼チョイ過ぎに東池袋へ到着。

東池袋は去年の11月末の音響以来。この日は連絡ミスで2時間近く設営時間がズレた上に居場所もない。仕方なく近所を車でぷらぷらするも車を止める場所もなくひたすら走り時間を潰す羽目に。まぁ、それ以外は事無きを得たから良かったけど。

そして再びやって来ました池袋。目的は『大勝軒』。去年3月に閉店した東池袋店がオープンしたとの事。まずは車で探してみる。「あった~!」と助手席から叫ぶ声、間髪入れずに「げ~!!」。おぃおぃ、あったのは理解出来るがその後の「げ~!!」は何なんだと指差す方向に目をやると...『行列』御一行様がデ~ンといらっしゃる。それもざっと50人程。その先頭、店の入り口に見覚えのある顔...そう、あの大勝軒店主の山岸氏が鎮座しておられる。それも置物ではなくご本人。(今月開店)×(ご本人がお出迎え)=余計に行列 という数式?が成立するかどうかは置いといて、とにかく今日の昼食をどうするか審議、満場一致で行列の最後尾に並ぶことを決定。付近の駐車場を探すが見当たらず、結局ちょっと離れたサンシャインの地下駐まで再び車を走らせるのであった。


そしていよいよ暖簾をくぐるのですが、本日はここまで。

引っ越しました。

「さっさと引っ越し引っ越しッ!シバくどッ!!!」
...と近隣住民に騒がれた訳ではないが、隣のそのまた隣町に引っ越した。
 まだ8月なのに夜風はとても気持ちいい。蛇口を捻ればこのままスイカでも浸して置きたくなるような冷たさ。決して広いとは言えないが、一軒家。この上言う事は無い。


ただ、冬になると...この辺りはツンドラ地帯と化すと言う(」゜□゜)」

井の中のナントカ

先日、ひょんな事からLIVEに出る機会がありまして...「他にもコピーバンドが出るから。」と言われ、軽い気持ちで行ってみた。
当日はあいにくの空模様。鉛色の雲が空を覆い、雨が降ったり止んだり。
朝一で『ア○デスの調べ』みたいなLIVEのサポートを頼まれていたので現地へ。フタを開けてみたら、「悪いんだけど、リハから本番の前半まで音をやってくれないか??」と言われ、シブシブ了承。セッティングが終わり、いざリハ。これが曲者で、外人さんったらひたすら「More volume!!」とか言ってやたらと音圧を欲しがる爆音野郎。限界まで上げてあとは放置。もっと欲しいなら会場の予算を上げてもらわないと無理って話。それにしてもサンポーニャを爆音て一体...
ナンダカンダで本番もオンタイムで無事スタート、お役御免になった所でとりあえず帰宅。

シャワーを浴びて、いよいよ現地へ。
リハも始まってると思いきやまだマイキング中...対バンの面々としばし談笑。
逆リハで始まってみたら絶句...ウマい、ウマすぎる。まるで勝負にならん(勝敗じゃないって)...フルコピなのかオリジナルなのかは不明だが、各パートのウマさにビビリまくった。自分たちのリハはVo+AGが不在のため、バックの合わせとAGの音出しに止まった。どの道勝負にならんし...(だから誰も勝負しとらんって!!)

本番まで時間があったので、軽く食事...とは言っても独断で居酒屋へ。飲まなきゃやってられん。何かみんなテンション下がってるし...「ここまで来ちゃったら、あとは自分達の演ってきたものを出し切るしかないよ!!」とか言って何とか宥めていざ本番。
思いの他、客のテンションが読みづらい空気の中、全開で5曲演奏。やはり聴かせるだけじゃ客のテンションはコントロール出来ないのね...足でリズムを刻む人が数名、あとは仁王立ちで聴いてる。そのまま変な空気で終了。
今回の経験を踏まえて思うのは、もっと幅のあるテクを身に着けないとイカン。そして、面識の無いオーディエンスの心を掴む『何か』を見つける事が今後の仮題だという事。何れにせよ、大海に出る事が無ければ気が付かなかった事だけど...
で、今回のライブの写真をUP。
(チャブダイのリーダーに撮影してもらいました。 Thanks Leader!!)